女性のライフスタイルをトータルでサポートします

院長ごあいさつ

ようこそ、入江産婦人科のホームページにおこしくださいました

平成21年の秋より、滋賀医大のオープンシステム登録病院として、活動することとなりました。 元々、アメリカの周産期医療システムに倣い、妊娠初期・中期の検診は、開業医の無床診療所で妊婦検診を施し、妊娠34週以降は滋賀医大で予約検診し、出産は滋賀医大で、開業医も呼び、開業医と医大の先生やスタッフが立ち会って行うものです。 おかげさまで症例数は継続的にあり、分娩介助・手術執刀に立ち合わせていただいております。
滋賀県でも、毎年、複数の出産をめぐる医療事故が起こっています。赤ちゃんだけでも重大ですが、お母さんが命を落とすことは、何としても避けないといけません。 でも、悲しいことですが、現実には起こっています。 主たる背景は、多くの患者さまを1人の医師が責任を持ち、外来・分娩・深夜当直をスタッフの助けを借りながらも1人でこなし、さらには、経営・人事も疎かにしてはいけないのは、人間として、「限界値」があるからです。 今もなお、こういう形態で多くが営まれる、日本の産科医療はこれで良いのだろうかと感じてきました。
さらに、そのスタッフ数も、少子化の影響を受け、助産師・看護師さんが人気職業とはいえ、開業医内の就労状況には大きなばらつきがあり、安全な配置と呼ぶべき医療施設は100%とはいえません。

医大は平成21年大規模な改修工事を終え、お部屋がきれいになりました。しかし、何よりも、赤ちゃんの受け皿施設(NICU GCU)が拡張され、充実を図ってきています。万が一の緊急にも、新生児科の先生が、そばについてもらえるということは、本人・ご家族だけでなく、産科医師にもこれほど心強いことはありません。 未来志向で、オープンシステムがもっと日常的になれるように、また、これが、不足する地方勤務医師の補完と拡充に、一つの解決策として、国や自治体から見出されることを目標としています。 そのためにも、皆さんのご理解・ご協力が必要なわけです。

もちろん、入江産婦人科は、無床化でスリムになった分、妊婦検診をゆとりを持って、応対できます。 夜中の電話も妊婦さんはOKです。
また、婦人科診療も、患者さんの些細な悩みを、医療とは別の観点でご説明する工夫を心がけています。 ご来院の皆様ひとりひとりにできるだけ時間を取り、懇切丁寧な説明・指導・治療を行うことを目標としています。

皆様に「ここで診察を受けて病気のことを理解できて、本当に良かった。 Jマーレに通って周囲から『きれいになった』と言われて、本当にうれしかった。」と言っていただける医院、地域医療に貢献し、暮らしに安心とゆとりをもたらす医院を目指し、これからも努力してまいります。
どうぞ宜しくお願いいたします。

入江産婦人科 院長 入江 賢治

PAGETOP
Copyright © 入江産婦人科・J-Mare All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.